亀井勝一郎(文芸評論家)の考える"恋愛"とは―

恋愛とは―美しき誤解

著作「愛の無常について」より。(恋愛とは美しき誤解であり)、誤解であって差支へありませぬ。そして結婚生活とは恋愛が美しき誤解であったことへの惨憺たる理解であります。理解は犠牲を要求します。絶えず理解を疑うことが、理解に近似する唯一の道です。~「結婚は恋愛の墓場である」と言った有名な評論家の恋愛定義です。
by 亀井勝一郎(文芸評論家)