太宰治(作家)の考える"恋愛"とは―

恋愛とは―非常に恥ずかしいもの

著書「チャンス」より/しからば、恋愛とは何か。私は言う。それは非常に恥かしいものである。~彼はこの本の中でこうとも言っています。「私がもし辞苑の編纂者だったならば、次のように定義するであろう。『恋愛。好色の念を文化的に新しく言いつくろいしもの。すなわち、性慾衝動に基づく男女間の激情。具体的には、一個または数個の異性と一体になろうとあがく特殊なる性的煩悶。色慾の Warming-up とでも称すべき
by 太宰治(作家)