芥川龍之介(作家)の考える"恋愛"とは―

恋愛とは―ただ性欲の詩的表現を受けたもの

著作「侏儒(しゅじゅ)の言葉」より。以下のように続く/恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくとも詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない
by 芥川龍之介(作家)